読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想時間

〜・感想日記・〜 小説(ロマンス中心)やマンガ(ジャンル問わず)、ゲーム(主にRPG)・映画など…

あの頃を思い出して 第二部

最近、仕事が忙しい=3 (´エ`;)
本は読み終わってるのに、なかなかブログup出来ず…

あの頃を思い出して 第二部 イヴ&ローク18 (ヴィレッジブックス)

あの頃を思い出して 第二部 イヴ&ローク18 (ヴィレッジブックス)

2059年のニューヨーク。レインとマックスの孫娘で作家のサマンサは、祖父母の50年前の体験を本にして発表した。それが大変な反響を呼び、いまや彼女は時の人だった。が、本のプロモーション・ツアーから帰宅したサマンサが見つけたのは、留守番をしてくれていた友人の他殺体。事件の担当となったイヴは、現場の状況から、犯人の狙いは50年前に行方不明となったダイヤで、その手がかりを探している最中に被害者が帰ってきたので殺害したものと推理する。しかし、ロークの協力を得つつ、昇進したピーボディとともに捜査を開始したイヴを待つのは、第二の殺人事件だった・・・・・・。

※ ネタバレあり ※
↓ ↓ ↓

前回の第1部から50年が経過。
どういう展開になるのか楽しみでしたが… 1つの物語としては楽しかったです。
でも、それがイヴ&ロークとなると、少し内容が薄いように感じたかな〜(´-ω-`;)ゞポリポリ
このシリーズの楽しみのひとつでもある、イヴのメイヴィスやサマーセットの絡み。これが、全くなかったしね=3
それでも、捜査官へ昇進したピーボディの服装に関しての迷走っぷりは楽しかった。( 艸`*)ププッ

今回の物語は早い段階で犯人に思い当たるため、事件よりも周りの物語を楽しめた。
なので、余計にサマーセットの登場がないのは寂しかった感じ。
個人的には、1部に続けて読むのがオススメ。イヴロクにしては、内容も薄い感じでサクサク読めちゃう。
捜査官としてのピーボディの行動や、助手ではなくパートナーとしてのピーボディとのイヴの接し方とか…
この辺りは新鮮な感じで読めた。

最後には1部でアレックス・クルーが隠し、行方不明のままだったダイヤも見つかり事件は解決。
でも、一番の被害者はアレックス・クルーの息子かもしれないね。
父親の陰に怯え、必死で自分の人生を生き、幸せな生活を手に入れたのに、自分の息子が父親のせいで破滅の道を辿る。
息子もおバカなんだけど…

エピローグでは、レインとマックスの登場。
この2人、いったい幾つなんだ??(*゚Д゚*) なんて、疑問に思いつつも登場は嬉しかった。
それに、何と言っても!
見つかったダイヤを買って、イヴにプレゼントするというローク。
断るイヴに「エーン、エーン、エーン」って!!
ツボった!かなりニヤついてしまった。(〃▽〃)ポッ



それでは最後に、印象に残ったピーボディの一言で締めたいと思います。

「彼のあの言い方っていいですよねぇ。〝僕のお巡りさん〟」




では、このへんで…

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村